2009年03月04日

「国策捜査」に「数の暴力」

「やましいことない」と小沢代表、検察は「疑問答えてない」 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)より

とにかく検察権力・国家権力批判に終始。そう言えば鳩山由紀夫氏も「国策捜査」を示唆する発言をしてましたね。「まぁ、どんな悪いやつでも最初は"やってない""権力の横暴だ"とか言うんだよねぇ」と思いながら眺めておりました。
だいたい小沢さん、あなた政権交代というまさに「国家権力の頂点」を目指してたんじゃなかったのですか?それが検察のガサが入ると、突然手のひらを返したように「国家権力批判」をやり始める。このあたりに違和感を覚えますね。ちなみに特捜部だってちゃんと礼状とって捜査しているわけで、この手の批判を始めると礼状を出した側、つまり裁判所まで避難非難しなくちゃなりませんぞ。

小沢代表の記者会見をテレビで見た法務・検察の関係者からは「問題をすり替えている」などとする声が上がった。検察幹部は「民主党の代表の政治団体だからやったのではない。違法行為を把握したのに、相手の地位が高いとか、選挙が近いという理由で見逃していたら、検察は国民の信頼を得られない」と捜査の妥当性を強調。「こういう反発は予想された事態」と冷静に受け止める声もあった。
「やましいことない」と小沢代表、検察は「疑問答えてない」 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
そりゃ検察幹部の言うとおりですわな。3月いっぱいで時効が切れる事案があったという。こうなると選挙が近いだの言ってられない。小沢さんにしたら「空気読め」と言いたいのだろうが、空気を読んだら批判を浴びるのは検察の方だろう。
法務省の幹部は「脱法的な献金を受けていたことが問題なのに、『きちんと記載している。オープンにしている』と言うばかりで、疑問に答えていない」と指摘。「否認されても立証できる証拠を固め、事件着手しているはず」と小沢代表の姿勢に疑問を投げかけた。
「やましいことない」と小沢代表、検察は「疑問答えてない」 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

そりゃ証拠を固めてないと、こんな大物に突撃できませんよねぇ。と言うか、小沢氏の外堀は少しずつ埋められていくような気がするんですけど。

その後、請求書は2団体側に渡り、献金額の振り分けは、団体の手持ちの資金に応じて、決定されていた。振り込みの手続きは、2団体の代表を務めるOBが行っていた。献金が終わると、陸山会側から2団体に領収書が送られてきたという。
(小沢氏側が西松建設に献金請求書…「企業献金」認識か : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞))

何じゃコリャ!陸山会から「請求書」ですって?しかもちゃんと領収書も出てる。これマズいですよ・・・と言うか、何で証拠に残るような書類を発行するかねぇ?

まぁ自民党の方にも司直の手が伸びると思うので、自民党関係者におかれましては景気浮揚のために粛々と仕事してください。

(22:10追記)公党の首領がいわば「陰謀論」を公に発言したことに対する批判的記事もご参照ください。
陰謀論 - おおやにき

--------------------------------------------------------------

で、本日は定額給付金関連法の衆院での再可決の日でありました。めでたく(?)2/3以上で成立したようであります。まぁ方で決まってるルールですからそれで良いんでしょう。
これに対して鳩山由紀夫氏、「数の暴力だ!」と批判をしておりました。あのねぇ、政権交代したらあなたも「数の暴力」ふるっちゃうんじゃないですか?

posted by やすゆき at 21:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 政治面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国策捜査を通り過ぎてこれはもう司法クーデターでしょう。佐藤外務省事務官の一件が国策捜査だったことは記憶に新しいところです。麻生がヒトケタ支持率に落ち、各紙が麻生退陣解散総選挙を唱え、任期満了まで半年というこの時期に。週刊誌が与党のスキャンダルを何回取り上げても大手マスコミは無視するくせに、野党スキャンダルには国ぐるみで叩きにくる。大手マスコミ上層部は政府自民党と固く癒着し、政府自民党サイドの報道を垂れ流し常に国民をミスリードしてきました。日本国民は大手マスコミに騙されてきたのです。西松に絡んでいるのは自民党の方がはるかに大勢いるのに、何故小沢だけたたくのか?。日本の民主主義を守るには、総選挙で民主党を勝たせ、自民党をつぶす。永田町の国会、霞が関の官僚、虎ノ門の特殊法人、都道府県の4点セットの解体セールを民主党にやらせるほかはありません。検察は民主党が官僚機構にメスを入れると選挙公約したからこそ牙をむいてきたのです。国民は検察が常に正しいと信じることは危険であるとはっきり認識するべきです。そして政府自民党の陰謀に騙されないで、次の総選挙で自民党にノーを突きつけましょう。西松の一件は発展途上国で選挙前に政府与党が野党に使う常套手段なのです。
Posted by 司法クーデター at 2009年03月05日 06:58
どこを縦読み?
Posted by で、 at 2009年03月05日 10:47
国策捜査というか陰謀論というか、そんなんが好きな人っているんやねぇ・・・と思いましたよ>司法クーデターさん

佐藤優さんって何でそんなに人気有るんでしょう?何か著書、いっぱい出てますねぇ。著書読んでないのであんまり偉そうなこと言えないけれど、彼からは一種の生臭さしか感じない。もっとも読めばその生臭さがたまらなく良いのかも知れない。今度買って読んでみても良いなぁ、とは思いますけど。
#積ん読になる恐れもあり・・・

>大手マスコミ上層部は政府自民党と固く癒着し、政府自民党サイドの報道を垂れ流し常に国民をミスリードしてきました。
ええ?うそぉ!むしろマスコミなんて政府・与党叩きが大好きな人種でしょ。ついでに言うと「改革」ってキーワードがお好きな人種であったりしますけど。小沢氏の側近が逮捕される寸前まで、マスメディアの論調はむしろ民主党に好意的であったように思いますよ(産経のぞく)

>何故小沢だけたたくのか?
決まってるじゃないですか。献金額がぶっちぎりだったからですよ。それに比べたらほかの(二階とかの)キャラは雑魚みたいなもんです。そりゃ大物から狙われるよねぇ。

>日本の民主主義を守るには、総選挙で民主党を勝たせ、自民党をつぶす。
現在の民主党における、安全保障問題の定見のなさを見れば、私は民主党に政権を託すのは恐ろしくってしょうがない。

>検察は民主党が官僚機構にメスを入れると選挙公約したからこそ牙をむいてきたのです。
小泉政権下でも官僚機構をいじってましたけど?小泉以降、少しずつ官僚はおいしい商売ではなくなって来つつあります(まだまだ不完全だけど)

>国民は検察が常に正しいと信じることは危険であるとはっきり認識するべきです。
出るとこ出たら(法廷ね)何が正しいか一応の結論が出るはずです。そのための司法機構でしょ。ところで「検察は常に正しい」と信じ込んでる国民って多いんですかねぇ?

>そして政府自民党の陰謀に騙されないで、次の総選挙で自民党にノーを突きつけましょう。
あなたが自民党にノーを突きつける権利があるように、私には小沢にノーを突きつける権利がある。
Posted by やすゆき at 2009年03月06日 21:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115148131
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。