2009年03月22日

リフレ≠インタゲ

ちょっと古い記事にリンクしますが前から気になってたもので・・・

ちなみにどうもネットでは「リフレ=インタゲ」という阿呆な図式ですが、これもすでにここ(最近書いたのではなく何年も前から!)で書いたように、ひとつの有力なオプションにしかすぎず、いまの深刻な状況のもとでは、やれるものは矛盾しないかぎりなんでもやる必要があるでしょう。日本単独の不況のとき以上の積極性が求められるのです。
(「インタゲ論争の終り」という大嘘)

まずここを押さえる。リフレとインタゲは全然違う。経済学素人なりに以下まとめる。

・リフレ→リフレーション政策のこと。デフレーションに陥っている経済をインフレ方向(但しマイルドな)に持って行く事を目指す。
・インタゲ→インフレターゲットの略。中央銀行が「望ましいインフレ率」を設定し、それに応じた政策を実行する。市場参加者の「期待」に働きかける効果がある。

あくまでリフレーションを実現するための一手段としてインタゲが存在する、と言う理解で良いだろう・・・と、経済学素人は納得する(汗)
と同時に「やれるものは何でもやる」という姿勢、ここも納得である。その何でもやるの中に定額給付金も入っている。記憶が確かならば、リンク先の田中秀臣先生は定額給付金に賛成だった。むしろもっと増額した方が効果が出ると言う主張だったはずである(財源の問題はおいといて)。

posted by やすゆき at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116067733
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。