2009年04月11日

真弓監督の我慢負け【阪神vs巨人】

岡田監督の著作に、「我慢力」というのがありましたなぁ・・・読んでませんが。

4月11日 東京ドーム
巨人 4-1 阪神

やはり7回裏のあの攻防で勝負ありであった。一点負けていたタイガースとしては、坂本に2塁打を打たれた時点が替え時であっただろう。だが真弓監督は替えなかった。替えずに能見の成長を促したと言えよう。だが結果は裏目に出た。流れは巨人の方に向かい、アッチソンが防ぎきれなかった。アッチソンが阿部を討ち取ったときは、何とかなると思ったのだが・・・むむむむ、無念。

重ね重ね、打たれ始めたときに早期にリリーフをつぎ込むべきであったと思う。
(1)チームが連敗していることを考慮に入れるべきであった。
(2)表の回に、一点返して一点差としていた。中・後半の裏の回に点を入れられると、必ず勝負の流れは巨人へ向かうこと必至であった。
(3)「巨人には負けたくない」と公言するのなら、なおさら勝ちにこだわるべきであった。
(4)なにより、なるべく能見には気持ちよく降板してもらいたかった。勝ち星も何もつかないが、前向きな気持ちで終わることが能見にとって必要だったのではないか?

結局のところ、「先発陣の将来」と「チームの現在」のどちらかを問われる問題であったのかも知れない。真弓監督は「我慢力」を発揮して前者をとったわけである。逆に言えば「今年前半は3位4位あたりの行ったり来たりでかまわない」と決めたのかも知れない。長期戦略があるなら、それで良い。結果は一番シーズン終了後に分かると言うことである。
但し、短期的に見ればチームは3連敗してしまい、かつ同一カード2連敗という状況になったことも事実である。つまり、明日勝たないと3タテと言うことで、明日のタイガースにかかるプレッシャーは尋常ではないだろう。やはりクロスゲームの時に、しっかり勝てる手を打つことが必要だったと私は思う。とは言え、短時間で決断を下すことを考えると、監督稼業は大変ですねぇ。
私は、真弓監督の能力はちっとも疑っていない。前任者より理知的だと思っている。ただ負けが続くと、勝負勘が鈍ることを心配している。「負けが込む」ってやつだ。勝ち続けることが大変なのに、負け続けることがたやすいのは現在のベイスターズを見れば分かること(苦笑)
次の先発は福原あたりか・・・うーん、3タテ食らう気がしてしまいますが(汗)

話変わって、セリーグ戦線を概観すると早めに横浜と当たったもん勝ちの様相ですねぇ。我が阪神タイガースも横浜銀行から緊急融資を受けたいものだ。

posted by やすゆき at 22:06| Comment(0) | TrackBack(3) | スポーツ面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117311087
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

【2009年公式戰】 ● 阪神 1−4 讀賣 (東京D)
Excerpt: 打てない打線で、讀賣に連敗・・・
Weblog: 仙丈亭日乘
Tracked: 2009-04-11 22:16

4/11 湘南が讀賣を破り暫定首位!+追記あり:野球の話もね
Excerpt: どっちの湘南もね。 <4月11日(土)> 【J1】第5節/結果 大分 0−1 山形 千葉 1−1 磐田 京都 1−0 新潟 広島 4−1 柏 横浜FM 5−0 神戸 開始早々の前半2分に渡邉の豪快..
Weblog: 阪神タイガース世界一への道~あさちゃん。スポーツ
Tracked: 2009-04-12 09:15

【阪神】巨人に連敗
Excerpt: (東京ドーム) 阪 神000 000 100=1 巨 人200 000 20×=4 <投手> (神)能見−アッチソン−阿部 (巨)東野−山口−クルーン ○東野1勝 Sクルーン2S..
Weblog: FUKUHIROのブログ・其の弐
Tracked: 2009-04-18 02:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。