2009年04月24日

大衆にゆだねるシステム

わはははは。おもしろかったのでコピペさせて頂こう。

○民主主義と市場経済の似ているところ。
(1)問題には事欠かないけれども、他のあらゆるシステムに比べると若干、マシである。
(2)最終的な結論は概ね正しいのだが、紆余曲折を経ることが多い。特にヒステリックになったときは要注意。
(3)エリートは内心では両方とも嫌っている。
(4)歴史が古い。何度が見捨てられたこともあるけど、またここへ戻ってくる。
(5)どちらも多数派が力を持ち過ぎると碌なことがない。
(6)民度が極端に低い場合には、これらを実践することはできない。
(7)理念はそれほど重要ではない。頭を下げたり、手を動かしたりという実務が大切である。
かんべえの不規則発言 4月23日付)

特に"(3)エリートは内心では両方とも嫌っている"がツボでした。民主主義政体も市場主義経済も、どちらも大衆にゆだねるシステムである。この愚かな群衆に左右されやすいところがエリートに嫌われる所以かも知れませんね。

posted by やすゆき at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。