2009年05月12日

「政権交代のため」

小沢氏が辞めるという。「政権交代のため」だという。
政権交代、この四字熟語を何回小沢氏は連呼したか。

しかし、政権交代がなされた後に、どんな福音を日本にもたらすのかはっきりとは語ってくれない。
「とにかく政権交代です。政権交代の後にどんな政策が実行されるかは我々にお任せください」
冗談じゃない。
僕らは民主党が政権を握ったときに何をやってくれるのかを注視しているのだ。この深い不況のさなかである。"とりあえずいっぺんやらせてみよう"等と酔狂なことを言ってる余裕は日本の中にはない。
政権交代とは、与党と野党を念入りに比較した上で、与党より野党がよいと国民が決意したときに初めてなされるものだ。
ましてや先のエントリで言及したように、どうやら民主党の経済対策の中身は大変お粗末であるようだ。残念ながら、このような政党に一票を投じるのはためらわれる。

「政権交代」のかけ声だけで票を投じてくれるほど、有権者は甘くない。舐めるな。

posted by やすゆき at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。