2009年06月01日

水着が日本を救う(?)

とりあえず・・・

きれいなお姉さん達の画像でなごんで頂けたらなぁ、と思います。リンク先には5枚ほど載っております。

今年の流行は、カラフルな色彩の花柄プリント−。アパレル大手の三愛(東京)は31日、東京都中央区の西銀座デパートで今夏向けの新作水着ショーを開催した。ピンクやイエローなどの色鮮やかな水着が主流。不況に苦しむときこそ明るい色の水着で気持ちはポジティブに、との思いも込められているようだ。
(今夏はカラフルな花柄が人気=三愛が新作水着ショー(時事通信) - Yahoo!ニュース)

そりゃきれいなお姉さんだからこそ似合うんでしょうが。でも、景気の悪いときこそビビッドな色合いで目を楽しませて欲しいなぁ、とも思います。

世界中を旅してるわけではないので分からないですが、自由で豊かな国ほど、女性がおしゃれに気をつかってる気がします。逆に女性がおしゃれな国ほど、自由で豊かであると言えるのでは。
私は割と保守的(笑)で、自由で豊かであることを善であると考えるので(逆に「清貧の思想」的な発想が嫌い)、女性がおしゃれであることには賛成なのです。女性のおしゃれを抑圧している中東諸国などを見るにつけ、やっぱし日本は素晴らしいと素直に考えるのです。SMAPの"Dear Woman"みたいな感じですかね?

日本を救うのはやっぱし女性かなぁ、と思っております。

posted by やすゆき at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120583826
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。