2010年01月13日

【書評】森山大道「新宿」

何だか最近、森山大道の写真が好きになってきた。「分かる」わけじゃないんだけど「好き」になってきたのだ。都市、街並みを見る眼差しが森山大道に似てきた(影響された)のかも知れない。

神戸でも、梅田でも或いは新宿でも、表裏の両面性があると思う。僕は新宿という街は一回しか行ったことがない。だから、ただただでかい街だという思いしかなく、表層的なところしか記憶がない。いわば「笑っていいとものスタジオアルタ」の新宿ぐらいしか知らないわけだ。
でも、少し角度を変えると街は「美しい」「上っ面」な表情とは違う側面を見せる。新宿でもきっと見る目を変えることで「美しい」「上っ面」な新宿とは違う顔を見せるのだろう。今回読んだ、森山大道「新宿」はそんな新宿の街を見せてくれる。

森山大道の切り取る新宿は、はっきり言って美しいものばかりではない。猥雑で空気はザラザラしている。写真を見る私の心は落ち着かなくなる。派手な身なりの女、疲れ切った電車のサラリーマン、風俗店、怪しいDVD屋、路上に横たわる男、チケットショップ。美醜でいえば醜い部分、ついつい視界から外してしまう部分の新宿がそこにある。猥雑なエネルギーなら大阪梅田を凌駕しているかも知れない。

でもその醜悪な物達が、圧倒的な質量で存在していて、しかも強烈なエネルギーを放つ。それを写し取る写真家にもきっとエネルギーが要求されただろう、と思った。僕だと、様々な物に圧倒されて、神経が参ってしまうだろう。
そしてその何とも言えない混沌とした物こそ、この写真集の不思議な魅力だ。私が新宿を撮るのはエネルギー不足で難しいが、いつか、こんな視線で自分の住む街を撮ってみたいと思った。

posted by やすゆき at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。