2007年02月11日

ノートPC

私は押してしまった、ポチっとボタンを。ネットショップの注文ボタンを・・・。

以前からノートPCが欲しいと思っていた。今まで持っていなかった訳ではない。富士通のLOOX Sのユーザーだったりする。1スピンドルの機種である。だが、新しいものが欲しい。もう、物欲を抑えられそうになかった。 何故、新しいノートPCが欲するのか。ポイントはまず、

 ・今のLOOXはCrusoe(爆) 遅くて遅くてしょうがない。
トランスメタのCrusoe(もしくはEfficeon)を載せた機種が消えて久しい。今トランスメタは知財を売る商いに転進したらしい。富士通のファブでEfficeonを作ってた(今も作ってる?)のに、とうとう富士通自身のPCに載せなかった。私が買ったのはLOOX Sのモデル末期の頃(だから2003年ぐらい)で、その時点でもう在庫処分的な感じの商品を買ったと記憶している。だが、そんな機械に積んであったOSはXPだった。思えば、Crusoe+メインメモリ256MBでXP動かすのは拷問だろう。何でCrusoeにXP載せるんだよ、富士通さん。買うときに気付けよ、って話なんだが(笑)
さて、自分も日本人だなぁ、と思うのは椅子に座ってPCいじるよりも、胡座かいたり寝っ転がったりしながらPCで遊びたいところである。そう言う意味で、日本人にはノートPCがあってるんですな(笑)でも、さすがにCrusoeの遅さは触っててフラストレーションが溜まる、ってのが正直なところである。やっぱりせめてFirefoxを快適に使えるレベルでないと辛い。あと、ブログ投稿に使うBlogWrite。これが、ビックリするほど遅かった。

・今のLOOXはドライブなしモデルなので、DVD見れない
要は、寝っ転がってDVDを見たいんですね。ぐうたらな奴です。
私は家族と同居なのだが、どうしてもHDDレコーダーの付いているテレビが取り合いに(笑)一応、テレビデオ+安物DVD再生機(レンタルビデオ屋で売ってるような奴)は部屋にあるんだが。ポータブルDVDプレーヤーを買うぐらいなら、いっそノートPCを新調してしまおうと考えたのであった。

候補と選択

候補は三種類ほどあった。
・松下のLet'snoteのW5
・SONYのVAIOのtypeG
・富士通のLOOX T

SONYのVAIO typeGは早々と選択肢から消去した。「カーボンファイバー採用!」と堅牢性をアピール(おおっ、F1のモノコックじゃん)。なのに、価格.comなんかで「壊れた」なんて話が上がっていたから(このケースは満員電車だったのだが)。まぁソニータイマーじゃないけど、ちょっと遠慮しときたいものがあるのだ。もともとSONY製品の耐久性に疑問をお持ちの諸兄も多いだろうから、何を今更書いてるのか、って話だが。ちなみに、個人的にSONY製品を買った経験はありません・・・あっ、デスクトップPCの安物スピーカーが昔買ったSONYの奴でした。

LOOX TとレッツのW5との比較はわりと悩んだ。
Let'snoteのW5の特徴は、
・何と言っても、実績のある頑丈さ
・円形ホイールパッドのスクロール
一方、LOOX Tの特徴は、
・ワイド画面
・DVDドライブが取り外せて軽量化できたり、オプションのバッテリーを追加できる
・スクロールホイール兼用の指紋センサー
・(ワンセグ対応モデルもあり 私は不要だが)
こうして比較すると、レッツは質実剛健、LOOXはギミック豊富と言う感じがするが、結果的にレッツノートを選択した。
私の中では、LOOX Tの指紋センサー兼用ホイールが一方向だけのスクロールになるのに対し、レッツの円形ホイールパッドは縦横両方のスクロールが可能なの点が大きかった。縦方向のみのスクロールでもかなり便利だが、横方向もあった方がいい。LOOXとLet's note W5との明暗を分けたのは、グリグリであった。あと私は、モノの扱いが雑と言うか荒いので、頑丈さに定評あるほうが良いという点もある。

そんな訳で、私が実際に注文したのは"Let's NOTE LIGHT W5 CF-W5LW8AXR"である。2006年10月発売モデルである。早い話が、型落ち品である。この2007年2月はVistaへの切り替わり時期なので、型落ちを狙ったら安く買えるだろうと思ったのだ。ところが似たような事を考える人が多くて、まごまごしてるうちに価格がぐんぐん上がっていったのだ(価格.comを観察して)。しばらく最低価格17万円台で安定してたのに。結局ばらすと、18万4千円ほどで購入した。
個人的に、Vistaはまだ早いと思う。ソフトウェアの対応もまだまだだし。少なくともノートPCにAeroは要らないんじゃないの?と思う(ひょっとして慣れたら素晴らしいGUIなのかも知れないけど)。メモリを一杯喰うとも聞いている。 このたび買ったLet's NOTE LIGHT W5はメインメモリが512MB。最大1.5GBまでである。「最低でも1GBは欲しい」等というVistaである。WinFSも知らないうちにどっか行っちゃったVistaだしなぁ。ちょっと、二の足を踏んでしまう。そんなんだったらXPでエエやんか、と。Vistaについては、入念に様子を見て行った方が良いと判断した。

「エンコはしないの?」

ところで、「ノートPCを買いたい」話を某所(汗)ですると、「DVD編集はしないの」と尋ねられた。つまり、CoreDuoが安くなるまで待てば良いんじゃないの?と言う訳ですナ。うーん、エンコーディングかぁ。これは、この度のノートPC導入に関しては全くといって良いほど考えてない項目でございました。

考慮しなかった理由は、いくつかあって・・・
(1)あんまりDVD編集をやる機会が無い(笑)一生懸命タイトルメニューを作ったりしないし、永久保存版を作ったりなんかもしない。レコーダーで録画したものをせいぜい見るだけだろう。
(2)もしやるならデスクトップ機(自作:AthronXP1800+(1.2GHz) +メモリ1GB)でやるだろう。
(3)本格的にやるなら、今ついてるUltraATAの100ですらない(爆)HDDをどうにかすると思う。
・・・こんな所だろうか。やりたいと思った時が導入のしどきで、今はその時ではないと言うことである。

お写真

で、もう届いてしまった。

2台のPC 閉じた状態 
2台のPC 開いた状態
(左:LOOX S 右:Let's note LIGHT W5 それにしてもLOOX Sの小ささよ)

ところで、LOOX Sはどうしよう。使用感ありすぎ、キズありすぎなんだが、どうしよう・・・。



posted by やすゆき at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。