2007年02月25日

身近なM&A

大丸と松坂屋の経営統合が発表になった。「大丸」と「松坂屋」の屋号はそれぞれ残すと言うから、いわば阪神・阪急経営統合みたいなものなんだろう。日興コーディアルも米シティの傘下に入るらしい。このように企業丸ごと、あるいは部門の切り売りと形は色々あれど、会社の売り買いはもう日本でも珍しいことではなくなったようだ。

ところで、我々一般庶民の大変身近なところでもM&Aブームらしい。それは、パチンコ業界。それもパチンコ台メーカーではなく、ホールの方だ。
#以下、大変ローカルな話題となります。

通勤で使う駅前の古いパチンコ屋。ある日ネオンサインが消え、改装工事が始まった。「ほぉ、綺麗になるんだ」とパチンコはやらない自分も観察していた。新装オープンしてみると、屋号が変わっている。垂水でもいくつか店舗を持ってるパチンコ店Lの系列になっていた。
またまた勤務先の近くにあるパチンコ屋。たしか一年か二年程前にでっかくオープン。もともとある商業施設をつぶして、跡地に広大な駐車場を備える巨大店Kができた。ところが、最近何の前触れもなく閉店。「巨大すぎて資金繰りが苦しくなったんだろうか」と勝手に思っていたら、看板を付け替える作業をしている。テレビCMでもおなじみのパチンコ店Mの系列店に変わってしまうようである。

ちなみに、閉店してしまったダイエー垂水店跡に、(1Fのみだが)パチンコ店Pが入居。これまたどこかの系列らしいが。そんな訳で、垂水駅近辺でたしか6店舗もあるんじゃなかったっけ?はっきり言ってオーバーパチンコなんじゃないだろうか?もっと他の種類の店が色々あったほうが賑わっていくのに・・・。

posted by やすゆき at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34639371
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。