2007年04月27日

雑誌「大法輪」5月号

某古新聞より。雑誌広告欄を見ていると、こんなのがあった。
「仏教の智慧を現代に活かす総合誌 大法輪
ところが、特集は何と 、

神道がわかるQ&A

内容は、
【教え】教えの根本/自然崇拝か/祝詞/お祓い/死後観/修行/教派神道とは 他
【神道の神話】天地開闢/国生み神話 他
【神道の神様】全国一の神さまは/天つ神・国つ神/氏神・鎮守/御神体とは 他
・・・・・など、盛りだくさん。仏教雑誌なのに、かなりまじめに神道について大々的に特集しているようである。その他、"天皇制との関係""靖国問題"などにも紙面を割き、トータルに神道を捉えようとしている。繰り返すが、仏教雑誌です。

むかしむかし仏教が日本に伝来したとき、新しき仏教を信ずるべきか、それとも古来の神を奉ずるべきかで大いに揉めた時があった。皆さんご存知の通り、ここで「どっちも大事にしたらええやん」と言った人が居たわけですね。聖徳太子です。
白黒つけないのもニッポンの知恵、良い所はわけ隔てなく取り入れるのもニッポンの知恵だが、このわが国の特性は飛鳥時代より始まったと言えよう。そういう伝統を考えれば、仏教雑誌に神道の記事を載せても不思議でもなんでもないのだ。西洋の技術を取り入れるのも平気、キムチやベトナム・生春巻きを食べるのも平気。おかげで近代化がスムーズに進み、バラエティに富む生活を楽しむことも出来るようになった。聖徳太子は、偉大ですね。

posted by やすゆき at 01:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして(ですよね!?)



私のサイトで

こちらの記事を紹介させていただきました。



紹介記事は

http://blog.livedoor.jp/zero_ijin/archives/54009416.html

です。



よろしくお願いいたします。
Posted by ズィロ at 2007年04月27日 10:00
ズィロさん、こんにちは。
カスな記事ばっかりの過疎ブログですが、お暇でしたらまた見に来てください。
Posted by やすゆき at 2007年04月28日 13:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。