2007年06月06日

老プリンタ

いよいよ寿命なのか。
インクジェットプリンタの印字がかすれて来た。カラーインキは大丈夫そうである。問題は黒インキ。ちゃんと吐出していないノズルがある様で、太線を引くと横縞になってしまうのである。目詰まりの可能性が高い。修理に出すより、もう新しいプリンタを買うべきなんだろうか?

そのプリンタの名はEPSON PM-700Cと言う。"写真画質"のはしりみたいな機種である・・・よく考えたら、買ったのは大学生の頃だったんじゃないだろうか?10年以上使っているではないか!よく考えたら買った時点で既にPM-750Cと言う後継機があったのだ。確か750Cがどこを探しても無かったので、比較的安めの700Cを買った記憶がある。それにして、なんて物持ちのいい私なんだろう。きっとマータイさんなら褒めてくれる筈だ。
#使用頻度がそれ程でもない事が長持ちの要因かも知れないが
時代は流れ、画質は競うように向上し、CD/DVDに印刷できるようになり、と進化を遂げている。なのに頑固にPM-700Cの老体に鞭打って使い続けていいのだろうか?やはり買い替えだろうか?それとも一縷の望みを賭け修理を考えるべきだろうか?(でももうエプソンにも補修部品無いかも知れないなぁ。)

とりあえずはウインドーショッピングならぬカタログ(見るだけ)ショッピングを始める時期に来たようだ。果たして、長澤まさみエプソンか!はたまた山田優・蒼井優・夏帆三人揃い踏みのキヤノンか!どっちにしてもすぐには買わない、買えやしない。金欠だから・・・。



posted by やすゆき at 01:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 科学面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎度! やすゆきさん、(^_^)/ はみぺんです。

金欠なのは迷う時間が与えられているということでもありますね。
 迷った状態もまた楽し、ぐらいに構えていればいいんじゃないですか。
Posted by はみぺん at 2007年06月07日 17:26
はみぺんさん、とりあえず実父がプリンタを隠し持ってたことが判明しましたので、いざと言うときは強奪します(w
Posted by やすゆき at 2007年06月08日 20:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。