2005年07月30日

「勝負の分かれ目」7月30日阪神vsヤクルト

本日(もう、翌日になってしまったが)から甲子園で対ヤクルト三連戦である。もうご存知のとおり、5-0で阪神が勝利した。
終わってみれば、阪神圧勝に見えるスコアだが、6回までは1-0と阪神のリードはわずか。下柳、川島の両投手の投げあいで、どっちに流れが転ぶか判らなかった。

勝負の分かれ目と言うのか、勝負のアヤと言うのか、ポイントは三つほど有った。

一つ目のポイントは、7回表ヤクルトの攻撃である。
ここで下柳に代え、藤川がマウンドに上る。この日、サンテレビ解説の中田氏が指摘していたが、藤川の調子は今ひとつだった。確かに、今まで三振をとっていたようなストレートをファウルされていたりしていた。先頭の宮出に散々ファウルで粘られた上に、センター前に運ばれ出塁を許す。
バッター古田のところで、ヤクルトが動く。エンドランを仕掛けた来たのだ。4球目、外角低めに外れたストレートを古田が空振り。すかさず矢野、セカンドへ送球。見事ランナーを刺し、チャンスをつぶした。その後、古田は空振り三振。
球界随一のキャッチャー相手に、矢野してやったり!
である。

二つ目のポイントは、その直後。
土橋のボテボテのゴロを、サード今岡が捕球。ところが、タイミングが合わなかったか、ボールに手がつかなかったか、ファーストに悪送球。一塁はセーフになってしまった。ここでヤクルト、打順が好投を続けてきた川島に廻るのである。ヤクルトベンチの判断はどうする・・・結論は代打であった。
その代打真中は、ピッチャーゴロに討ち取られ、ヤクルトにとっては不本意な形で7回表を終えてしまった。川島を下ろしたことが、7回裏に大きく試合が動く伏線ではなかったか?(タラレバだが)

7回裏、ヤクルトのピッチャーは吉川。先頭バッターの矢野倒れるも、次の藤本がレフト線を破り、好走塁もあって二塁打。ピッチャーの打順で、代打片岡。ピッチャーは山部に代わる。片岡はストレートのフォアボール。赤星はショートゴロで、結果的に進塁打となり2アウト一三塁。
三つ目のポイントは、鳥谷のところである。
鳥谷の打球はピッチャー横へ。ピッチャー山部、グラブでボールを弾いてしまう。セカンドが待ち構えていたのに、打球の方向が変わったものだから捕る事が出来ない。記録は内野安打で、一点追加。終盤に差し掛かっての、この一点は重い。
その次のシーツが、初球を振りぬいてレフトスタンドに運ぶ3ランホームランを放ったが、ひょっとしたらこれはオマケだったかも知れない。

この試合の要所は、7回に集中していた。三つのポイントで、全てタイガース有利な流れに変わって行った。勝負事の怖さを、教えてもらいました。

posted by やすゆき at 02:34| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

岡田采配、「信じること」の力
Excerpt: 先生  「クール!!!!」 コーチ 「先生・・・」 先生  「アンディ、イッツ、クール!!!!」 コーチ 「先生」 先生  「なんや?」 コーチ 「ふだん使わへん言葉で感情を表現するのはやめてください..
Weblog: 野球町の人
Tracked: 2005-07-30 06:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。