2005年09月10日

星野仙一、阪神残留

既報の通り本日12時に記者会見が行われ、星野SDの阪神残留の意向が示された。
実は今日のMBS系「せやねん」(関西ローカル)で、八木裕が

「このタイミング(時期)で会見だったら、おそらく残留でしょう」

と話していたが、正にその通りになった。さすが、神様!

「今日集まっていただいたのは、勝手な方向に進んでいる報道が多く、説明責任として、はっきり言わないと、と思ったから。今まで(去就について)語らなかったのは、(巨人からの)要請がないものに、答えてはいけないという立場だったから」
会見場となった大阪市内のホテルには約140人の報道陣が詰めかけた。午後0時半すぎに現れた星野さんは、穏やかな表情でこう切り出し、「うわさでファンの皆さんが心配している。ファンに対し、答えを出さないといけない」と続けた。
巨人の監督候補と取りざたされたことについて、星野さんは「野球人としては、老舗中の老舗のチームの候補者になり、お褒めの言葉をいただくのはありがたいが……」と巨人側を気遣う発言もあった。
Yahoo!スポーツ - ニュース - <星野仙一氏>「巨人監督」否定 安堵の阪神ファン 毎日新聞

星野氏の説明を真実ならば、監督就任の正式要請は未だ無く、報道だけが先走っていた、事になる。
(20050911追記)あっ、でも"水面下の接触"ってのは多分あったのでしょう、と追記しておきます。

今回、私が唯一信じる発言は”巨人関係者がウチに来て、星野を下さいと言われた”とする久万さんの発言だけですね。後から、身内である阪神の手塚昌利オーナーにも”勘違いでは?”として軽ぅ〜く流され、否定されていましたが。^^;
”星野SD阪神残留会見”に対する感想。@オカダ君は優勝の夢をみるか?

との記事を見て、そんな発言もポロリとやってたなと思い出した。接触は間違いなくあったはずである。(追記終わり)
まあ、全く「巨人軍監督」に色気が無かったと言えば嘘になるだろうと思う。阪神を建て直した実績の上に、巨人をも立て直せば、名将の名はさらに揺るぎないものになったであろうから。但し、阪神ファンの声もさることながら、巨人ファンの間での声が今ひとつだったことも、阪神残留を決めた要因だったかも知れない。例えば、

ここ数日、巨人の球団事務所には数十件の苦情電話が殺到。「『星野が監督になったら巨人ファンをやめる』というのがほとんど」と応対している球団関係者が明かす。それ以外には「阪神ファンから、『ふざけるな』という電話も多い」そうで、星野監督誕生を歓迎する声は皆無に等しいという。
Yahoo!ニュース - 夕刊フジ - G党「星NO!!」苦情電話が殺到

監督の首のすげ替えで、何とかなると思うな

さらには、巨人軍フロントと一体となって改革できるか心許なかった、かも知れない。
2003年優勝直後に出た「夢 命を懸けたV達成への647日」に、星野氏と野崎球団社長(当時)との会話のシーンが載っていた。これによると、
「チームの精神的柱になれるような選手を獲れませんかねぇ。例えば金本のような」(文章はうろ覚え、スミマセン)
と、金本獲得に最初に積極的だったのは野崎社長だったらしい事がかかれているが、チーム作りについて、監督とフロントでコンセプトを共有していた事をうかがわせる。2003年の優勝については、監督の功績にライトが当たる事が多いけれども、フロントの事も忘れてはならない。あの優勝は、監督と野崎社長のコラボレーションの結果だったのだ。

翻って、巨人である。
報道では「(監督候補にリストアップしたのは)カリスマ性」と巨人首脳も認めている。なるほど、世間の注目は浴びるでしょうね。ただ、何故巨人はここまで低迷しているのか、と言うところの反省の弁がまるで聞こえてこない。多分堀内監督とフロントとのコミュニケーションが上手く行ってない気がする。チーム作りのコンセプト共有など、なされてないだろう。
一連の報道を見るにつけ、巨人というか読売グループの気にしている事は、「視聴率」「販売部数」である気がしてならない。チームのあり方は二の次であるように思える。「星野を呼べば集客効果が」てな議論が先行してたのではないだろうか?全く、以前の「長嶋現場復帰」と同じ思考である。チームの戦力強化に何をすべきか、の議論が抜け落ちている。いや、そりゃ強くなって欲しいのだろうが、監督を替えたら万事OKと言うわけでもないだろう。

ちなみに、サッカーでも弱い国ほどコロコロ代表監督を替えている。Jリーグで言えば、ヴィッセル神戸なんて典型的ですな。プロ野球でも、弱いチームの監督は短命だと思う。同じ三木谷オーナーの東北楽天も、田尾監督の去就が気になるところ。ヴィッセルといい、東北楽天といい、監督人事の悪い見本になるのではないだろうか。そうそう、正に低迷期のタイガースがそのものズバリ(笑)。

ついでに言うと、巨人が本当に星野仙一が欲しいならば、なるべく隠密行動を取るべきだった、と考える。丁度タイガースが、野村元監督・星野前監督を電撃的に招聘したように。マスコミを利用した婉曲的なラブコールと言う手を使ったために、阪神ファンのみならず巨人ファンの間でも議論沸騰し、「星NO!」の世論を醸成させてしまった。まぁ一連の騒ぎで報知新聞が売れたのならOK、って事なんだろうか?

-------

ところで・・・。
私個人は阪神ファンandアンチ巨人であるが、「星野仙一が、別に巨人に行っても構わない、止めるわけには行かない」と考えていた。
もちろん、暫く顧問的なポジションで活躍して欲しいと考えていた。星野氏が何よりも秀でているのは、スカウティング能力(特に海外の)だと思う。中日時代には宣銅烈を獲得した事が思い出される。近年では何と言っても、アメリカ3Aからウィリアムズを連れてきた事が大きな功績。有能なスカウトが流出する事を考えれば、出来る事なら引き留めたいと思っていた。
一方で、阪神ファンとしては中日監督退任後すぐに来て貰ったという負い目も感じていた。行くんだったらしゃあない、引き留める権利はないと。
このような結果となって安堵しているのは、他の多くのファンと同じであります。

まあ、

ワタクシ。正直、今回のSDの対応にはガッカリ&怒りを禁じえません。
巨人監督(orGM)をヤルならヤル! やらないならやらない。はっきり言って欲しかった。なんで、ダンマリを決め込む必要があるのか!?おそらく、迷いがあるから返答に躊躇しているとしか思えない。気持ちの中では、巨人監督もまんざらではないなというモノがあるのでしょう。
星野SDがはっきり言わない以上、いつまでも憶測の記事が流れて、せっかく阪神が優勝争いしている一番大事なコノ時期が、SDのお陰で台無しにされています。
タイガース3連敗。痛すぎる!&星野、巨人移籍問題。@オカダ君は優勝の夢をみるか?

とROM殿が言われているように、今日言うぐらいなら早く言っちゃうべきだったとは思いますがね。おそらく冒頭述べたように、多少の色気はあったが故か。

(追記)
bewaad殿による、2003年時の星野仙一評。指揮官としてはあまり良いとは言い難く、むしろGM的側面が効いている時に結果が出ている、との指摘には同感。



posted by やすゆき at 18:38| Comment(2) | TrackBack(2) | スポーツ面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
巨人の星野招聘って、他球団の大砲を買い集めてチームを作ったのと同じような発想だと思います。だから星野が巨人の監督になってもうまく行かなかったのではないかと思います。
個人的には巨人が森祇晶を監督かGMに迎えて、彼に全権を任せれば強くなるのではないかと思うのですが、どん底まで落ちないとそれは無理なんでしょうね。
Posted by Baatarism at 2005年09月11日 11:15
Baatarism殿、ようこそお越しくださいました。
#って2回目ですね(汗)

清原・ローズに江藤を買い漁って全部駄目。その上星野も買い取るか(笑)となると、非難轟々は当然かと思います。
大雑把に巨人の症状を「診断」しますと、
・大きいのが出るけど、単発な打線
#清原・ローズを外すとつながりが出てきたのは皮肉
・得点する以上に取られる投手陣
と、もう自明なわけです。ですから将来に向けてやるべき事は分かってるはずです。が、これは地道な努力が必要となります。
で、人気と戦力回復一挙両得!とばかりに、短絡的発想で星野招聘に手を出してしまったのですね。巨人の未来は暫く暗い。

森祇晶に全権>
西武管理野球復活!の冗談はさておき(笑)どん底まで落ちないと、フロント・経営陣をも含めた改革が始まらないのでしょう。日産自動車の改革も、どん底からのスタートでしたね。
#ただ森さん、横浜で上手くいかなかったので・・・。
Posted by やすゆき at 2005年09月11日 20:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

星野「巨人監督」ならず!
Excerpt: 阪神の星野SDが本日の会見で「阪神残留」を表明しました。 阪神の手塚オーナーが一昨日にSD続投を正式に要請していましたが、 その場では意思表示をせず、本日の会見と相成ったわけです。 この騒動..
Weblog: だんなの屋根裏部屋
Tracked: 2005-09-10 22:12

”星野SD阪神残留会見”に対する感想。
Excerpt: 世論が巨人監督就任に傾きつつある状況だっただけに、”一転”という表現が当てはまるような今回の会見。私個人的には、残留してくれてホッと一息。 ただ気になる事として、星野S??
Weblog: オカダ君は優勝の夢をみるか?
Tracked: 2005-09-11 11:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。