2005年09月18日

気が早いが日本シリーズに向けて(2005年9月18日 阪神vsヤクルト)

昨日は福原を立てて敗戦したタイガースである。本日はどうだ・・・と思ったら、昼寝してみてませんでした(すみません)。ただ今日は、能見で勝利をあげる事が出来たようだ。祝着至極。ドラゴンズ負けて、とうとうM8である。ドラゴンズが昇り竜の如く猛追していたときには、マジック点灯なんてちっとも考えられなかった。

能見の7回3失点の内容だが、まぁ一応マズマズと言うべきだろう。3失点よりもとりあえず7回持った事に意義があるのではないか?立ち上がりの2失点に課題は残るが。今シーズン序盤、必ずしも波に乗っていなかったタイガースの中で、一番最初に完投したのは能見であった。オールスター前に2軍落ちしてしまったと思うが、ここに来てまた復調の兆しが出てきたならば、何ともありがたい話である。
一方、前試合投げた福原については、今季の(も?)復調は望み薄なのだろうか?こんな事を気にするのは、そろそろ(気が早いけど)日本シリーズのことも意識される時期に差し掛かっているからである。

2003年の阪神セリーグ優勝時、一人不振の選手がいた。藪恵一である。あの時は、めちゃめちゃ早い時期でのマジック点灯であったが、その後チームがやや調子に乗り切っていない時期があった。その中で特に藪がピリっとしていなかった。星野監督(当時)は、藪を中継ぎにまわすなどのショック療法を行ったが回復せず、確かとうとう日本シリーズのメンバーに入る事が出来なかったと記憶している(npbのこちらのページに藪の名前がないし)。

これからはメンバー入りをかけてのチーム内競争

日本シリーズではベンチ入りメンバーが限られる。まだ優勝は決まっていないが、日本シリーズに向けて誰をチョイスするか?
打撃陣では、現先発メンバーに代打の片岡・濱中そして中村豊、併用される桧山・スペンサー、藤本・関本、さらにはバックアップのキャッチャー(野口など)は当確であろう。おっと、スーパーサブ秀太を忘れるところだった。
リリーフピッチャーなら、JFKもちろん当確。SHEのユニットは悩ましいが、この中から一人二人はチョイス。贅沢にワンポイント起用か?ダーウィンさん、無念の落選。先発なら、下柳、安藤、杉山はもちろん入る。井川・・・もうちょっと頑張ってくれ。良いのか悪いのかよく分からないブラウンさん、落選でしょう。ただ、短期決戦と言う事もあって、一部中継ぎ的に使われる可能性も高い。ピッチングスタッフだけはゴージャス気分。

ここで福原・能見の扱いが微妙である。
福原の8勝はともかく14敗は、ちょっといただけない。久保コーチも「これだけ負けているのには理由がある」と言うような発言をしているようである。幾らなんでも負けすぎ。不振の原因だが、
・「ストライクが欲しくてたまらないのではないか?」と考えるのが本紙
・「本質的に球質が軽い」と考えるのがROM殿(この記事の"福原について大いに語る。 "を参照)
である。
あと、井川もそうだが「エース」の看板が付いているせいで、長く引っ張って打ち込まれる事も多い。短期決戦のことを考えれば、福原をどう使うか、そもそもメンバーに入れるのか悩ましい。個人的には「思い切って落選」も視野に入れていいと思っている。
能見も今回の結果だけでGoサインとは言えなくて、あと数回ある登板機会でどうかが問題。ルーキーイヤーながらも、ここまでならばハシケンとともに立派と誉めて良いとは思うが、なにせ中継ぎだけは充実しているだけに当落線上と言える。起用するなら多分先発ではないだろうから。
とにかく、日本シリーズ行きをかけてチーム内競争が少しずつ激しくなるだろう。

posted by やすゆき at 23:32| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

阪神連勝ストップ。しかし、中日もお付き合い!
Excerpt: まぁ、たまには負けますよね。最近、勝ちっぱなしで逆に恐かったですから^^; ●阪神2−7ヤクルト○  勝:ゴンザレス 4勝4敗  敗:福原 8勝14敗  HR:岩村 27号 今日は..
Weblog: オカダ君は優勝の夢をみるか?
Tracked: 2005-09-19 13:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。