2005年09月19日

「核放棄」と言うが

昼過ぎにテレビでヘッドラインが出た。短くとり急ぎ。 詳細は、他の方が論評されるだろう。

<6カ国協議>北朝鮮、一切の核計画を放棄 共同声明採択
【中国総局】中国の新華社通信は19日、北朝鮮の核問題解決を目指す第4回6カ国協議で「共同声明」が採択されたと報じた。声明は、北朝鮮が(1)すべての核兵器と現存する核開発計画の放棄(2)核拡散防止条約(NPT)への早期復帰(3)国際原子力機関(IAEA)の核査察受け入れ――を承諾するとの内容を含んでいる。 また声明は、米国が核兵器や通常兵器で北朝鮮を攻撃する意思がないことを確認。米朝双方が関係正常化を徐々に実現することも確認しているという。 中国の武大偉外務次官は「協議開始以来の2年間で最も重要な成果だ」と述べた。(毎日新聞)

これで本当に「やれやれ」なのか?
(1)(3)については"すべての核兵器と現存する核開発計画の放棄"の言い方から、「やっぱし持っていたか、核兵器」と思ったりするが、「廃棄」となれば「検証」が付き物。誰がどういう形で証明するのか、その方法でまた一悶着あると思って良いだろう。本当にIAEA任せでいいのか?まだ揉める余地は十分あると思う。
#査察のプロセスで、あとからぞろぞろ疑惑が出てきたりして。
(2)については、あくまで「早期」であって、リミットが決まってないみたいだ。これも時間稼ぎのネタになりやしないか?

そんなこんなで、本紙としては「まだ警戒怠るべからず」の見解である。ただ、中国・ロシアあたりが嫌がった「安保理付託」のシナリオは遠くなったようだ。 

posted by やすゆき at 15:15| Comment(3) | TrackBack(3) | 国際面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
結局1日で元の木阿弥という感じですね。中国の中の人もご苦労様です。

はや亀裂 6カ国「共同声明」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050920-00000018-san-int
Posted by Baatarism at 2005年09月20日 21:04
やすゆきさん、おげんきですか。
ほんまにね。
あほあいてにできませんね。
というか、したたかというか、韓國も中國もそれみたかというたいどでしょ。ろしあはあんぐり、だまってるしかない。こんなやつ、ともだちにはしたくないね。でも、となりのせきからおいだすわけにいきませんし、びんぼうならびんぼうにんらしくすればいいのに、せのびするやつなんですから。かわいくないから、たたかれる。しょうがないからってはなたらしてるのをふいてやるきにもなりません。わてのこどもとちゃうし。
でもはらへってるのをだまってみてるのもなんだし。
って、そういう外交風に見えまして、よくよく最低の外交ですな。
Posted by もりもっちゃん at 2005年09月21日 11:50
こんばんは、皆さん。

Baatarism殿>
情報どうもです。結局、進展はないって事ですね。
いわゆる「玉虫色」の内容なんでしょう、共同声明。でもまあ、中国の面子は一応保たれた形になったんじゃないっスか?
アメリカも今、北朝鮮どころじゃないし。先送りできて助かったと思ってるのではないでしょうか?半年持てば御の字では(涙)

もりもと殿>
日本の近所に朝鮮半島があって、中華帝国が存在する、北にはロシアがのしかかる、ずーっと昔からの課題であります。これを地政学的リスク、って呼ぶとなんだか大人になった気分です。こればっかりは宿命ですからしょうがない。
Posted by やすゆき at 2005年09月21日 22:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

6ヶ国協議の共同声明
Excerpt: 19日付毎日新聞報道 19日付産経新聞報道 19日付朝日新聞報道 北朝鮮の核開発問題を巡る注目の6ヶ国協議において、ようやく共同声明が採択された。各社報道には微妙なニュアンスの相違が見られ声..
Weblog: 時評親爺
Tracked: 2005-09-19 17:25

日本の原子力政策と核不拡散外交の矛盾
Excerpt: 6カ国協議で共同声明が採択され、北朝鮮の核放棄に向けた第一歩がようやく踏み出された。核放棄は本当に上手く行くのか? 拉致問題はどうなる? といった期待と不安が交錯しているかもしれないが、少し冷静になっ..
Weblog: びんごばんごBlog
Tracked: 2005-09-19 19:37

贈か国協議:初めての安堵
Excerpt:  2年の歳月を経て行われた贈か国協議も、第贈回目にして初めて共同文書採択の運びとなった。だがほっと胸を撫で下ろしているのは協議に参加した代表団だけで、・和の恩恵を受けるはずの多くの人々には、ピンとくる..
Weblog: 外交のファンタジスタ
Tracked: 2005-09-20 08:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。