2007年01月19日

日本銀行に、この一曲

利上げ見送りだそうで。
まぁ、日本のどこがインフレなんだか・・・って思うし、どうしてここまで騒ぐ必要があったのか?

ところでTOKIOの「宙船(そらふね)」がちょっとした話題に。

〇「宙船(そらぶね)」の話はご関心の向きが多いようですね。ということで昨日の続きです。某中島みゆきファンからは、「昨年11月発売の最新アルバム『ララバイSINGER』に中島みゆき本人が歌ったバージョンが収録されているはずです」とのお知らせあり。こういうことを、ワシントンDCから教えてもらうというのも、かなり恥ずかしい話であります。万国の中島みゆきファンよ、団結せよ!
〇という話はさておいて、おそらく今現在、眠れない夜を過ごしている人たちがいる。彼らの耳元では、「おまえが消えて喜ぶ者に お前のオールをまかせるな」というフレーズが、エンドレスで流れていることでしょう。「独立性」という言葉の誘惑が彼らの心を頑なにしてしまっている。「他力」を信じていれば、いずれ周囲が持ち上げてくれるようにして、みずからの願いが適うかもしれないのに。「自力」にこだわっているがために、ますます迷路は深まってしまっている。
(かんべえの不規則発言 1月17日 @溜池通信

溜池通信さんにてこのように、日銀に絡めてネタになっている。これをヒントに替え歌を作ってみた。こうして替え歌になり、センバツの行進曲になり、自民党大会で引用される。これはもう、シンガーソングライター冥利に尽きるのではないだろうか?(笑)

続きを読む
posted by やすゆき at 01:44| Comment(2) | TrackBack(1) | 経済面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

嗚呼!福井総裁、でこの一曲

経済系ブログ界隈では、「村上ファンドに拠出した事よりも、2月になんかに解約したタイミングが激ヤバじゃない?」ってな意見が見られますね。私も大体賛同します。民間時代の投資を問題にするのは、ちょいと酷でしょうから。もっとも村上サン、後にグリーンメーラー化(本性をあらわした?)していった訳で、それを傍観しながらようやく2月に、って人と市場を見る目を疑われますわね。

もっとも民主党の鳩山サンみたいに「国民は低金利で我慢しているのにケシカラン」的批判は、超がっかり。あのなぁ〜、そんなに金利上げて景気の腰を折りたいのか、お前は。似たような話は日刊ゲンダイにも載せてるけど、お前の知性は夕刊紙並かと。もうバカかと、アホかと。金輪際、民主党には票入れんぞぉ!

では「電車男」のテーマより・・・

続きを読む
posted by やすゆき at 10:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 経済面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

村上代表逮捕、でさらに一曲

溜池通信効果はやはり絶大、多くの方に「ファンド!」をご覧頂いた。ありがとうございます。後で思えば、「ファンド!」って村上代表を励ましてるんだか茶化してるんだか良く分からないですなぁ(汗)
それはともかく、御礼の意味を込めてもう一曲。短いですけど。

続きを読む
posted by やすゆき at 12:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

村上代表逮捕、で一曲

いつも見ている・・・みたいな。さんに触発されて、替え歌を作ってしまいました。ご高覧くださいまし。
原曲の単語をチョイチョイといじったら、それなりになった。でも、圧倒的なボキャ貧(涙)替えてないところがいっぱいあります。どうやったら、・・・みたいな。さんのデキになるんでしょうねぇ。

続きを読む
posted by やすゆき at 01:28| Comment(8) | TrackBack(0) | 経済面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

朝日新聞的インフレの定義

3月4日付朝日夕刊の素粒子より。「新定義集」と称して、こんなことを書いていた。まぁ朝日的ネタなんでしょうが。

◆インフレ かつては忌み嫌われていたものだが、今やこうなることを強く望む向きもある経済現象。

繰り返すが、ネタなんだろう。きっとそうに違いないと信じることにする。そうでないと困る。
「今やこうなることを・・・」のくだりを読むと、「(景気回復の兆しが見えたとはいえ)ここまで経済停滞が進むとインフレもやむを得ないか」てなニュアンスを汲み取れる。インフレは害悪であり何が何でも避けなければならないという深層心理が透けて見える。

続きを読む
posted by やすゆき at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

キャノンの本気

キャノンが真空装置の会社を買収する話は以前聞いたが、このたび100%子会社化が完了したそうである。

キヤノン <7751> は4日、8月に買収を公表したNEC <6701> 傘下の真空装置製造会社アネルバ(東京都府中市)について、9月30日に全株式を取得し子会社化したと発表した。社名は今月1日付で「キヤノンアネルバ」に変更した。 (時事通信) - 10月4日20時1分更新
Yahoo!ニュース - 時事通信 - キヤノン、アネルバの子会社化終了=社名も変更

ご存知のとおり、キャノンは東芝と組んでSED(表面電界ディスプレー)を世界に先駆けてやろうとしている。うろ覚えだが、キャノンはもちろん東芝もプラズマや液晶のパネルそのものは作ってないと記憶している。プラズマ・液晶の変わりにSEDで大勝負しようとしているのだ。
垂直統合、と言うことで100%自前生産するのは当然として、ノウハウの流出を防ぐために製造装置も内製化してしまうつもりなのだ。液晶などは、製造装置メーカーが外販してしまうので台湾メーカーの追い上げを許してしまっている。その轍は踏まない覚悟のようだが、アネルバのみならずNECマシナリーもキャノンは買収してしまったとの事で、並々ならぬ決意が伺える。よっぽどSEDの出来に自信があるのだろう。

ちなみに、SEDの量産候補地として東芝姫路工場が挙がっているそうだ(参考)。兵庫県民としてほぉと思うのは、松下電器も尼崎にプラズマディスプレイの新工場を建設中だからである。こちらは2005年の11月には量産開始の予定らしい(参考)。偶然か必然か、兵庫でプラズマとSEDの競演とあいなった。

posted by やすゆき at 05:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

日本航空と政府系融資

総選挙フィーバーもようやく落ち着いてきた今日この頃である。さて、再スタートした小泉政権はどんな課題に取り組むのだろうか?昨日、一昨日の日経新聞を読むと、ポスト郵政として次のような政策課題が挙げられている。
(1)三位一体改革
(2)公務員人件費改革
(3)政府系金融機関改革
(4)医療制度改革
9月22日(木)付によれば、小泉首相は記者会見において「三位一体改革、公務員の総人件費に取り組む。抵抗を承知の上でやってきた。方針通り進めたい」「政府系金融機関の統廃合と民営化について、あと一年だが、しっかりとした方針を打ち出す」等と述べたと言う。そんなに一杯の懸案事項、あと1年の任期で全部こなせるんですかね?との疑念は横においておこう(笑)

高速道路、郵政とくれば、次の民営化は政府系金融機関を置いて他はない。医療制度などと違い、国民の反発も少ないだろうし、他の政策課題に比べても取り組みやすいと考えているのではないだろうか?。そのせいか、9月23日(金)付日経新聞では、竹中経財相のインタビュー記事が載っていて、政府系金融機関の融資残高を半減させる目標について期限を設ける考えを示している。

さて、いつも購読させていただいているぐっちーさんの記事において、日本航空が採り上げられている。この記事に拠れば、日本航空かなりヤバイらしい。すでにS&P、Moodysなどの格付け会社は日本航空を「投資不適格」にしてしまっている。客室乗務員などの人件費コストの圧縮も進んでいないのだそうだ(55歳の客室乗務員で何と年収1600万円を維持)。持ってる飛行機は全てリース会社に担保として取られている。

更に、この会社の資産は言うなれば飛行機だけですが、これは全て担保にされ、ファイナンスリースという仕組みでリースされています。もっと言うと主力飛行機のボーイング747、所謂ジャンボは世界中で価格が急落しており、新聞でご覧になった方も多いと思いますが、中古の飛行機が売れずにアリゾナの砂漠に100機以上放置されているくらいですので、飛行機を担保に貸しているほうも完全に不良債権化しています。飛行場も国のものですから、せいぜいJALという看板、暖簾代、としいて言うと社員が唯一の資産ということになり、お金を貸せる状態にはマッタク無い、ということがわかります。
日本航空と民営化@債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら
続きを読む
posted by やすゆき at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「iPod型」

9月22日(木)付け日経新聞の3面に、(やや控えめながら)こんな見出しが躍っている。
「携帯音楽プレーヤー 主役はiPod型」
8月にCD・MDプレーヤーの国内出荷台数が30-50%も減り、その代わりiPodのようなプレーヤーが二ケタの伸びと大躍進。

それはともかく・・・

続きを読む
posted by やすゆき at 14:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

ソニー再生への「はじめの一歩」

9月16日(金)付け日経新聞に、「ソニー、金融事業売却へ」の記事が一面に出ていた。骨子は、
・ソニーフィナンシャルホールディングの段階的売却
・カンパニー制の廃止
・ブラウン管新規開発中止
・クオリア廃止
・So-net・スカパーへの出資比率引き下げ、或いは保有株式売却
・QRIO・AIBOなどのロボット事業縮小
である。もっとも正式発表は22日らしく、かなりフライング気味、言い方を変えれば「日経の博打」と言えよう。
よく日本国内では松下電器と比較されるソニーである。出井氏が社長に就任した頃は、経済誌・書籍などは出井礼賛ブームであった。中村改革が奏効し始めるようになると、出版界は一転して中村礼賛モード一色になった。本屋の経済コーナーで何が平積みになっているかを見れば、この変化はよく分かる。

続きを読む
posted by やすゆき at 02:10| Comment(2) | TrackBack(2) | 経済面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

今熱い、モンゴル預金(?)

いつもは遅くまで寝ている日曜日なのに、なぜか今日は早起きしてしまった。で、いつもは見ないTBS系「がっちりマンデー!!」なる情報番組を初めて見た。
ゲストは、「年収300万」の森永卓郎氏、「財テク競輪選手」長塚智広氏の両名であった。
本日のテーマは、タイプ別(コツコツ派orギャンブラー派)の貯蓄・投資法最新情報、といったテーマであった。

続きを読む
posted by やすゆき at 00:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

郵便貯金はどうなるのだ

明日今日はいよいよ選挙である。郵政のあり方が焦点となっていて、各ブログで色々と議論がなされているのだけれど、主だった全ての記事に目を通さずに時間切れとなってしまった。Baatarism殿が、

特に参考になったサイトは、bewaadさん馬車馬さんfinalventさんぐっちーさんといった方々のページです。
郵政民営化について思ったこと@Baatarismの溜息通信

と挙げている方々のページは、私も定期購読しているのに(汗)能力不足で消化不良に終わってしまった。もっとも郵政改革も、選挙が過ぎればそれで終わりと言うわけではないので、引き続き議論されていくのだろう(と希望)。

続きを読む
posted by やすゆき at 02:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 経済面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

ダイエーに学ぶ「祇園精舎の鐘の音」

思えば、ダイエーのことばっかり書いている気がする(笑)
ダイエーにまつわる話で、幾つかブログの記事を見つけたのでご紹介したい。

続きを読む
posted by やすゆき at 21:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

原油高の行方

この記事は、おもに「債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら」の記事に依存しております。

原油価格が高いと、最近良くニュースになる。中国による大量消費、中東情勢不安と原因は様々に囁かれているが、こちらではこんな見解が。

原油の値上がりだけはもう許せないです。60ドルを超えてしまい、ついにゴールドなども上値をぶち抜き始めました。マネーゲームに入りました。それもこれも原因は「怪しい」ユーロです。ユーロからお金を抜いてみたものの行き場がない。アメリカも債券、株とも高値圏、GMまでぶっ飛んでるくらいですからほんとに行き場がない。
だぶついているマネー@債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら
続きを読む
posted by やすゆき at 01:53| Comment(8) | TrackBack(0) | 経済面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

株の世界と成果主義と

高額納税者番付No.1にサラリーマンが輝いたことが、話題になった。例によって、いつも購読させて頂いているブログからの引用を中心にしつつ、コメントを書いていく。
この方、株の世界の成功者なのだけれど、バブル期は株と土地取引関連が高額納税者を輩出していたようだが、その後長らく低迷が続く。最近になって、株式関連の方はランクインされる方が多くなったみたいで、ここ数年の市場の持ち直しを反映していると言えるだろう(好調とまでは言いませんが)。

続きを読む
posted by やすゆき at 02:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。