2009年02月07日

溜池通信より(2008/2/7)

溜池通信2月6日号より。私が感じたことを書いてみた。 とりとめのない記事でどうもすみません。

続きを読む
posted by やすゆき at 23:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 政治面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

【斜説】麻生さん、受け取るべきですよ

先に書いた斜説で、定額給付金賛成の主張を表明した。大雑把に言うと3つの点で利点があると考えており、3つ目に「景気刺激と生活支援の両方の意味を持つ」と書いた。書いた後に、

定額給付金受け取りめぐり、首相発言が再び迷走 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

この記事を読むと、なんかいろんな意味で腹が立ってくる。

まず、総理大臣の受け取る1万2千円(←うろ覚え)がそんなに大揉めになるほどの政治課題なのか?決してそうは思えない。国政に携わる人間はもっと大きな金額の案件について真剣に議論すべきだ。2008年一般会計だけで83兆円(ウィキペディアより)。それに対して総理の受け取る定額給付金は、(言い方は悪いが)はした金だろう。政治家達・マスメディアはもっと大きな案件に力を注ぐべきだ。こんな小さな話で貴重な政治資源を浪費してるかと思うと、嫌になってしまう。
補足しておくと、政治資金に関する話はまた別である。それは会計の問題なのだから、1円単位でしっかりと計算すべきだろう。

次に非難されるべきはやはり総理の姿勢のブレだろう(結果的に私も野党と同じ批判をしていることになるが)。総理の問題と言うより、総理の取り巻き・ブレーン・"振り付け師"の問題かも知れない。

当福田川新報としては、総理は定額給付金を受け取るべきだと主張したい。本稿冒頭にあるように、定額給付金には景気対策と生活支援の二つの面を併せ持つ。総理の意識は後者に注がれてるみたいである。だが総理自身も定額給付金を使い、景気対策に率先して参加すべきである。
マンガを買うも良し、バーで飲むも良し(笑)使ったお金はちゃんと天下を回っていく。たとえ小さな金額でも、大勢集まることで、景気の浮揚につながる大きなうねりになっていく。だから麻生さん、受け取るべきですよ。

もちろん総理だけでなく、世論もマスメディアも定額給付金=生活支援の図式で考えがちのようだ。ここら辺りが変わっていかないと難しいのかも知れないけれど。何とかなりませんかねぇ・・・・

posted by やすゆき at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。